9条の会のタイトル





トピックス




オピニオン




取り組み中




活動の予定




今までの活動




会 報




憲 法




更新情報




平和コンサート
2016.2.17~
日本国憲法(第二章 戦争の放棄)第9条
第1項 
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
第2項
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

トピックス

21. 9. 5(日)

「黒い雨」緊急署名への協力お願い。

先日、広島高裁は残留放射線による被爆体験者を被爆者手帳交付対象者と認めました。菅首相は上告を断念し被爆者健康手帳が交付されました。
しかし、長崎や全国の被爆者にはまだ適用されていません。
一日も早くすべての被爆体験者に被爆者健康手帳が交付される事が求められます。
 下に、署名のお願いと資料と署名用紙を掲載しておきます。

9月30日締め切りで、1万筆集めることを目標にしています。
「黒い雨」緊急署名のご協力をよろしくお願いします。

21. 6. 11(金)

9の日行動がありました。

活動の予定で、6月9日の件をお知らせできていませんでしたが、頑張って訴えてきました。下の写真がその様子です。

21. 4. 20(火)

5月3日 「おおさか総がかり集会」があります。

おおさか総がかり集会

日時 : 2021年5月3日
     13:45 開会
場所 : 扇町公園にて
です。

コロナ禍の折、少し規模を縮小して行われます。 詳しくは、下のビラの通りです。

21. 3. 7(日)

核兵器禁止条約が発効しました。

唯一の戦争被爆国である日本

 反核医師の会からの訴えです。
日本政府も署名、批准批准をすることを求めます。

  
 
 
   

 署名、よろしくお願いします。

20.12. 13(日)

12月20日 富田林革新懇の総会と講演会があります

講演会は誰でも参加できるそうです

 新型コロナで菅内閣は有効な対策をとれないまま、今年も終わろうとしています。
年末も押し迫った中、 富田林革新懇では総会が開かれるそうです。
総会の後2:15から講演会があり、これには革新懇会員でなくても聞けるそうですので奮って参加してください。
詳しくは右のビラにあります。

  
   

20.11. 9(月)

11月9日 金剛駅前 でスタンディング

9の日行動 金剛駅前で平和の訴えをしてきました

 11月ともなると日暮れが早まり、今までの行動は18:00からだったのですが、今回からは17:30からとなりました。
しかし日はとっぷりと暮れ、暗い中での行動になりました。
寒さに負けずしっかりと訴えてきました。
その様子は下の写真の通りです。   
   

20.10. 21(水)

平和とは何か?

中村医師から投稿がありました。

平和とは何か?

  Googleのアルゴリズムに聞いてみました。
戦争のない状態が必ずしも平和とは限らない。人としての持つべき最低の権利を持っているか。不公平が ないか。社会的暴力がないか。これらを全て考えた上で平和な状態かどうかが判断できる。
人の潜在的人格 (能力?)を発揮できないまま生渡を終えてしまうことがあれば、そこには暴力があったと言える。
その暴力 とは、主語の分からない、目に見えないものだ。
社会 構造的な暴力に侵されず、(心身共に)調和がとれた、 戦争のない状態であって始めて平和と言える。
というような解答が表示されました。
ちなみに、(知り合いの)小学生に同じ質 問をしましたら、元気よく、世界中の人が笑顔でいること!と答えました。
あらためて聞きます。
あなたにとって平和とはどの ようなものでしょう。
(私は会の役員をさせてい ただいたのがきっかけで、)核兵器の非人道性、被爆者 の方々の平和への闘いと生き方の崇高さに共鳴し、人 間の尊厳を問いかける反核運動に参加しています。
最近はウイズコロナのために、議のほとんどがウェブ会 議になり、署名活動や街頭宣伝などもやりにくくなり ました。(今まで当たり前だった人と人との触れ合いが出来なくなったのです。)
また、2017年に国連 で核兵器禁止条約が採択されて3年が過ぎましたが、 発効はまだです。(協力的でない)日本政府は発効に反対 票を投じました。
核兵器禁止条約に対する言及もあり ません。(世界で唯一の被爆国であるのに。世界の平和 の遠さを感じます。)
(今必要なことは、自己利 益の追求も大切だと思いますが、自分の生活の中で出来 る範囲でいいのです、同じ地球に生きる他者の利益も 考えてみませんか?)
今こそ、利他主義と楽観主義による、 市民社会の力を信じ、集結してこの世界の転換点を乗り越 えましょう!
反核医師の会は、YouTubeを作成し、運動を始めました。
Humann Dignity~核廃絶への道~Don't Bank on the Bomb=核兵器に金を貸すな、 教えてDr.かずお という設定で幅広い層 に訴えかける内容になっています。
まだ一作目ですが良い ものができました。是非ご覧になってみてください。
検索は、反核DBOB 反核医師の会のホームページからお 願いします。
ご意見、高評価、期待しております。
ぜひ反核医師の会まで。

18.

3000万人署名に弾みをつけよう

安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会から、呼びかけが出ています。

3000万人署名に弾みをつけよう
危険な安倍9条改憲案を止める、大きな世論のうねりを

「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」に取り組んでおられる全国のみなさん、自民党は年内にも、9条に自衛隊を明記することを中心とする改憲案をまとめようとしています。
そして、年明けの通常国会で提示し、改憲案の発議をめざそうとしています。
私たちはいよいよ、「安倍9条改憲」の野望に正面から立ち向かうときを迎えました。

総選挙の結果、自民、希望、維新の「積極改憲派」は、衆院議席ではほぼ4分の3に達し、公明党も含めると改憲勢力は8割にもなりました。

しかし、総選挙後の各種世論調査では、「9条に自衛隊を明記」に反対する人は依然として半数以上に達し、賛成を大きく上回っています。
この大きな反対世論を前に、これら改憲勢力は今のところ、改憲案で合意する確たる見通しや、まして世論を強行突破する自信を持っていません。
私たちが力をつくして「安倍9条改憲」反対の世論をさらに強く大きなものにするなら、9条改悪の発議をさせないことは十分に可能です。

安倍首相はすでに、自民党の憲法改正推進本部の人事を組み替えて自分の言うことをきく体制にしており、自民党改憲案は、5月3日に安倍首相が打ち出した「安倍9条改憲」案に沿ったものになるでしょう。  
自衛隊が「9条の2」などとして憲法に定められたら、集団的自衛権の行使や国際紛争への武力介入など、自衛隊が海外で戦争し、殺し殺されることが憲法で認められることになります。
9条は、1項も2項も効力を失い、日本は「いつでも戦争する国」になってしまいます。

これに対し私たちは、特に若い世代や女性などに「安倍9条改憲」の危険性を分かりやすく丁寧に訴え、これに反対する意思を持つこと、できるならその意思をさまざまな形で表わすことを呼びかけていきましょう。
「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(3000万人署名)は、そのための意思表示の方法であり、対話の機会をつくりだすためのものです。
この署名のうねりが全国に広がっていけば、改憲勢力はその勢いと意欲を失うことになるでしょう。

正念場はこれからです。
あらゆる地域で、分野で、街頭でも駅頭でも、商店街や路地裏でも、戸別にでも、1人ひとりに語りかけ、対話の輪を広げていきましょう。
分かりやすいチラシやリーフ、SNSでの発信や対話、音楽や絵画、パフォーマンスなど、創意工夫をこらし、“戦争する国、反対”、“自衛隊は殺すな、殺されるな”、“安倍9条改憲を止めよう”と訴えていきましょう。

  2017年11月16日 安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会

18.

9条支持、国連決議を

1月6日付けの東京新聞に「9条支持、国連決議を  埼玉の日独学者ら活動」として次のように報じられました。

「国連総会で憲法九条の支持決議の採択を実現させるという壮大な目標を掲げ、埼玉県日高市に住むドイツ人平和歴史学者や日本の政治学者らが市民運動を始めた。
最初の活動として、国連代表部や世界約二十カ国の非武装国の在日大使館に、協力を求める趣意書を送付する。「戦争の放棄と戦力不保持をうたった九条は、世界から戦争をなくす最強の『武器』だ。運動にぜひ参加してほしい」と市民らにも賛同を呼びかけている。・・・続く」

このニュースを知った時、9条改憲に反対の人は皆この運動に参加すべきではないかと思った。
なぜなら
9条支持の国連決議は先日の核兵器禁止条約が国連で成立した時と同じように、総会に提案されればこの決議は採択されることは間違いないと思う。
ただ法的拘束力はないが、採択されれば『9条にノーベル賞を』という運動よりも世界にアピールすることになり、世界の人々が9条について知れば世界に認知された9条を変えることに対する抵抗が生まれ、改憲に対する大きな武器になると思われるからです。
はたして安倍首相は国連総会決議に反して憲法9条改憲を強行出来るのかと考えるとき、強行できないだろうと期待します。
私達はこの運動を支持しつつ、今まで続けてきた9条改憲に対する反対の運動をこれまで以上にすることが大切です。

18.

署名活動について

ブログを読んでいると【2000万人署名を集めていて気づいたこと 9ヶ条】という記事を見つけました。
内容は

①なるべく大人数で広範囲に分かれて通りの角角に立つ。
②明るく笑顔で、しっかり目を見てペンを差し出し、ゆっくり話しかける。
③見た目はとても大事。
④相手と対話をする。
⑤暴言を投げつけられても怯まない。
⑥上から目線は絶対ダメ。
⑦共感できる言葉選び。
⑧署名してくれた人にも希望を持って帰ってもらう
⑨もし思ったように集まらなくてもへこまない←これ大事!

です。
なかなか良いので、これからの活動の参考にすると良いと思います。

詳しくは

「吉祥寺PEACEパレード~平和がいいね!~」から引用しました。 原典は ここをクリック

取り組み中

安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名

安倍9条改憲NO!全国市民アクション が呼びかけ
署名活動が始まりました。
我が金剛9条の会も参加しています。
第1次集約は12月20日です。先ずはこれに向けて頑張りましょう。

活動の予定

日時
活動
場所
 10月   9日(土)  中止    
9の日行動
金剛駅前

憲法

自民党の2012年の憲法草案と現憲法を対比しています。


※「ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版」から引用。

更新情報

記事最新更新日  21. 9. 5

オピニオン更新日 17. 3. 21

トピックス更新日 21. 9. 5

10月号会報をUP  21. 10. 2

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system